不動産名義変更と相続

被相続人が亡くなれば、できるだけ早く不動産名義変更をするのがベストですが、なかには葬儀のことなどで頭が一杯で、不動産の名義の変更を忘れがちな人もいます。

不動産名義変更と相続

不動産名義変更と相続

不動産名義変更の手続きは、不動産の所有者が亡くなったときに、相続という形で遺族が相続人となり、不動産名義変更が行なわれるのが一般的です。

被相続人が亡くなれば、できるだけ早く不動産名義変更をするのがベストですが、なかには葬儀のことなどで頭が一杯で、不動産の名義の変更を忘れがちな人もいます。

役所の方では、相続に対する相続税や登録免許税を払ってもらえばそれでいいので、不動産名義変更をしていようがしていまいが、納税をすればそれで問題ないようです。

そのため、自分の財産の権利を守るためにも、相続をしたら必ず法務局に名義変更に行くことをお勧めします。

登記所は、不動産の所在地である管轄の法務局へ行きます。

といっても、相続の場合は、必要書類も多いので慣れないと手間や時間がかなりかかります。

手数料がかかるものの、弁護士事務所や司法書士事務所などの専門家に依頼するのもいいかもしれません。

法律事務所であれば、税金などのことを含めてアドバイスをしてもらえるかもしれません。

所有権移転登記の依頼をすることで、分からないことや不明点を質問もしやすくなります。

そういったサポートも含めて法律事務所に相談するのもいいでしょう。